ブログ

床材にはどちらが良い? 針葉樹or広葉樹

森 勝也 自己紹介へ
2020/05/17(日) すべて

床材にはどちらが良い?

木造住宅といっても、構造材(土台や柱など)だけにしか木材が使用されず

床材や扉などの内装材には木目調のシートが貼られたお家が多くなりました。

木目調のシートが貼られた床材は、傷や汚れ、濡れ等に強い点がありますが、

シート貼りなので木の質感は全くありません。

 

ナンバホームでは床材には標準仕様で無垢の木(本物の木)を使用しています。

無垢の床は、冬は暖かく、夏は床が湿気でべたつきにくい点、質感が気持ちいいなどありますが、

キズや汚れ、濡れに弱く、お手入れが必要な点があります。

 

また、床材にも木の種類や樹種がありそれぞれに特徴があります。

【針葉樹(例:桧・杉・パインなど)】

メリット・・・・暖かい・香りがする・安価

デメリット・・・傷つきやすい・反りやすい

 

【広葉樹(例:オーク・ウォルナット・メイプルなど)】

メリット・・・・硬い・傷に強い

デメリット・・・高価

 

↑↑左の床材が「桧(針葉樹)」、右の床材が「オーク(広葉樹)」↑↑

 

今、ナンバホームでは【無垢ムク SCHOOL】と題して

床材の特徴などを知っていただく動画をHPにアップしていますので是非こちらもご覧下さい。

無垢ムク SCHOOLの動画はこちらをクリック!!

 

 

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ