7つの安心

ナンバホームの家づくり CONCEPT

7つの安心
資料請求・お問合せ イベント

ナンバホーム7つの安心

私たちは、お客様がより安心してナンバホームに家づくりを任せていただけるよう、「ナンバホーム7つの安心」に取り組んでいます。

SAFETY 01

耐震

耐震等級3相当
耐震
耐震

柱、耐力壁の直下率60%以上

<柱の直下率>
2階の柱の下に1階の柱がどれだけあるのかを示す値。
<壁の直下率>
2階の耐力壁(地震に耐える壁)の下に1階の耐力壁がどれだけあるかを示す値。

なぜ、直下率を大切にするのか?

熊本地震、阪神淡路大震災の調査結果から、直下率60%を超えた建物は大地震の揺れから耐えていることが判明しました。ナンバホームは「耐震等級3+直下率60%」を基準とする安全な住まいをつくります。(間取りプランによって異なる場合があります)

柱、耐力壁の直下率60%以上

SAFETY 02

断熱性能

(省エネ基準) 等級4相当

省エネ基準等級(住宅性能表示制度)

等級4

平成28年に改正された基準で「外皮平均熱貫流率」と「冷房期の平均日射取得率」による基準となった。省エネ基準としては最高レベルの基準相当。

  • 等級3

    平成28年に改正された基準で「外皮平均熱貫流率」と「冷房期の平均日射取得率」による基準となった。省エネ基準としては最高レベルの基準相当。

  • 等級2

    平成4年に制定された省エネ基準に相当し、初めての基準なので、エネルギー削減のレベルは低い。

  • 等級1

    上記基準に当てはまらないもの。

耐震

東海エリア ZEH UA値

基準:0.6W/㎡・K

ナンバホーム:0.49W/㎡・K

東海エリア HEAT20 G1 UA値

基準:0.56W/㎡・K

ナンバホーム:0.49W/㎡・K

SAFETY 03

長期優良住宅対応

長期優良住宅対応
耐震性
地震に強く、倒壊しにくい安心の家
耐久性能(劣化対策)
構造や骨組みのしっかりした長く住める家
維持管理・更新の容易性
メンテナンスの容易な家
住戸面積
必要な広さが確保された、暮らしやすい家
省エネルギー性
地球にやさしく、家計にもやさしい家
居住環境
地域のまちなみと調和した家
維持保全
(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

※間取りプランによって異なる場合があります。認定取得には計画に合わせた所定工事費用、申請費用が別途必要です。

SAFETY 04

アフター

今すぐメンテナンス宣言!
今すぐメンテナンス宣言!
今すぐメンテナンス宣言!

SAFETY 05

検査

第三者の施工チェック
検査
検査

SAFETY 06

不同沈下事故の保証

不同沈下事故の保証

SAFETY 07

東濃ひのきの柱

不同沈下事故の保証
日本の家は、日本で育った木でつくる
家を支える大切な柱に、国産の天然木「東濃ひのき」を使用。
「東濃ひのき」は日本の家づくりや風土に欠かすことのできない優れた特性を持っています。
呼吸する天然ひのき
日本の「夏の高温多湿」「冬の低湿度」に呼吸する“天然のひのき”は家を長持ちさせます。
1300年を超える世界最古の木造建築として知られる法隆寺で使われていることから、耐久性、防腐性能、殺菌作用にも優れています。
東濃ブランド
岐阜県の木曽川、飛騨川流域の東濃地方は痩せ地で降水量が少なく、気温の寒暖差の厳しい土地です。ここで育った東濃ひのきは成長が遅いため、年輪が細かく、油分が多く含まれており、建築資材として全国的にも有名なブランドひのきです。
※東濃ひのきは法隆寺金堂、名古屋城本丸御殿、姫路城大天守の西心柱で使われています。