資料請求・お問合せ モデルハウス
  • イベント

【見えない木を見てみよう】構造躯体見学会

【見えない木を見てみよう】構造躯体見学会
日にち 9/23(祝)、9/24(土)、9/25(日)
時間
  • 10:00~11:00
  • 11:00~12:00
  • 13:00~14:00
  • 14:00~15:00
  • 15:00~16:00
  • 16:00~17:00
場所 尾張旭市、瀬戸市周辺で行います。(場所は後日連絡)
備考 ※事前にご予約をお願いいたします
(当日のご連絡も対応いたします)
参加申し込みはこちら

「自分の家、どんな木が使われているのか分からない。」

家づくりを進められている方へ、これから建設される自分の家にどのような木が使われるのか知っていますか?
「ご実家は何の木を使われていますか?」「使われている木の特徴をご存じですか?」
このような質問を問われた時に、すぐに回答できますか?

意外と「分からない」と答える方も少なくないと思われます。
自宅にどのような木材が使われているのか、どのような性質があるのか、知らずに建てる。怖くなってきませんか?
そんな方々へ、今回は構造躯体見学会を開催いたします!

昨今の家づくり

高度経済成長期真っ只中の家づくりが盛んになった時代に、輸入材の規制緩和が起こりました。これによりベイツガ、ホワイトウッドというような海外産地の木材が日本でも多く使われるようになりました。ホームセンターでもDIY木材としてよく見かけるようになりましたね。

しかし、これらの木材は国産の木材と比べると耐朽性が劣ってしまいます。育ってきた環境とは異なり、じめじめと湿度の高い日本という環境には適応できません。例えば、上で挙げたホワイトウッド。この木はシロアリがいない土地で育ちます。シロアリは日本のほぼすべての地域に生息するといわれています。シロアリに対する免疫がない木か、その環境下で強く育ってきた木か。どちらがよりシロアリ対策として適しているか、その木について知ることで見えてきますね!

これから家を建てられる方に

家づくりを進めるとき、床や天井など「見える木」にばかり注力していませんか?
一生に一度のお買い物だからこそ、今後家を支えていく骨部分となる構造躯体、「見えない木」にも着目してみましょう!

・木材の種類はどのようなものがある?
・長持ちする木とは?
・今使われている木材とは?
・その木材の特徴とは?
・どの木材がどの構造体に適しているのか?
などなど、不安解消のためにたくさん学んでいきましょう!

 

「見えない木」体感しましょう

これから建てられる家に耐朽性が低く、日本の気候に適していない木材が使われているとしたら…。そのように考えると少し不安になりませんか?

家は理想の暮らしをする舞台と同時に、家族に安心と安全を与え守ってくれる存在です。家を建てられる前に一度、どのような木が家の内部に使われているのか、見てみましょう!

ナンバホームの家づくりでは、土台と柱にヒノキ、梁と筋交にはマツを使用しています。
木の特性を知り尽くしたプロが作り上げる、適材適所の構造躯体。
ぜひ足をお運びいただき、なかなか見ることのない「見えない部分の木」を体感ください!

 

お申し込みフォーム

日にち 9/23(祝)、9/24(土)、9/25(日)
時間
  • 10:00~11:00
  • 11:00~12:00
  • 13:00~14:00
  • 14:00~15:00
  • 15:00~16:00
  • 16:00~17:00
場所 尾張旭市、瀬戸市周辺で行います。(場所は後日連絡)
備考 ※事前にご予約をお願いいたします
(当日のご連絡も対応いたします)

下記項目にご入力のうえ、
「送信」ボタンをクリックしてください。

必須イベント名 【見えない木を見てみよう】構造躯体見学会
必須参加希望日

必須項目です

必須参加時間

必須項目です

参加人数
必須お名前

必須項目です

ふりがな
必須郵便番号

必須項目です

必須住所

必須項目です

必須メールアドレス

必須項目です

必須電話番号

必須項目です

弊社をどこでお知りになりましたか?
※複数回答可
検索とお答えになった方はどんなキーワードで検索されましたか?
コメント欄