• コラム

家事をラクに!家事動線を考えるポイントをお伝えします!

家事をラクに!家事動線を考えるポイントをお伝えします!

動線と収納のポイントを押さえましょう!

こんにちは!ホームアドバイザーの遠山です!

お家で生活をしていくうえで、極力家事の負担を減らして、毎日楽しく暮らしていきたいですよね。
私は現在賃貸で一人暮らしをしていますが、洗濯機と洗濯物を干す場所が離れているため、運ぶのになかなか疲れてしまいます。
自分が洗濯物をためてしまっているのも原因の一つではあるのですが…(笑)

そこで本日は家事をラクにする動線のポイントについてまとめてみました!

 

洗濯動線

洗濯という家事はいつ完結するものでしょうか?
洗濯は『洗う→干す→たたむ→しまう』という流れで完了します。
なるべくこの一連の作業がひとつの場所で完結できるような間取りを考えると効率よく家事ができます!
移動距離を極力最短にすることを考えてみましょう!

 

回遊動線

ぐるぐると回ることのできる動線で行き止まりのない間取りを作ることも、家事を楽にするポイントのひとつです!
たとえばキッチン回りが一方通行な間取りを想像してみてください。
買い物から帰ってきた時に冷蔵庫までの移動距離が長くなったり、家族とすれ違う回数が多くなり、少し煩雑に思うところが増えるかもしれないですよね。(もちろん家具家電の位置や、間取りの広さ、人によってもストレスの感じ方は異なります。)

それでも双方向からアプローチが可能だとしたらどうでしょうか?片方のアプローチはリビング・ダイニングから、もう片方のアプローチは玄関やパントリーからという間取りの考え方もできますね!玄関からすぐにキッチンに繋がることが出来たら、買い物帰りの荷物をしまう作業がラクですよね!
キッチン回り以外でも”ぐるぐる動線”はとても有効的です!

 

収納場所

片付けがしやすいということも家事をラクにしてくれる間取りのポイントです!
『ものを使う場所』に、またはその近くに、『それ用の収納』があると片付けが煩雑せず、手間が省けます。

たとえば玄関にコートクロークを設置することで、お家に帰ってきた後にコートを脱ぎっぱなしにしてしまうということを防げるかもしれませんね!帰ってきたらコートをかけておくという習慣も身につきます。収納場所を近くに設置し、片付けをラクにして、ものが散らかることを防ぎましょう!
お家を建てる前から、どこに何をしまうのか、ぜひ考えてみてください!

 

お家は一生に一度の大きなお買い物で、ずっと付き合っていくものです。
しっかりと今後の生活のことを意識して、暮らしのイメージを具体的に持ちながらお家づくりを進めていくと、暮らしを始めてからの失敗・後悔がなくなります。

「家事がラクになる」具体的なイメージを湧かせるために、家事動線をとことん考えたモデルハウスの見学にぜひお越しください!
ひとつでも多く「これいいな」と思えるポイントをお持ち帰りください!
【尾張旭市北原山町】ママの動線を考えた木の家

お家づくりの参考にしていただけたらと思います!

 

<このコラムはホームアドバイザーの遠山が書きました>
私の自己紹介ページはコチラから!