ブログ

杉の床がい気持ちい理由

難波 孝憲 自己紹介へ
2019/03/21(木) すべて

本物の木の床には針葉樹と広葉樹に分かれます。

 

 

針葉樹

・杉

・桧

・松 など

広葉樹

・楢

・楓

・栗 など

 

 

硬さ 針葉樹<広葉樹

 

 

となるわけですが・・・

硬いということは木の目が詰まっている、と言い換えられ、針葉樹と比べると傷がつきにくくなります。

逆の言い方をすると・・・

木の目が詰まっていないということは、素足に優しくて、針葉樹の方が冷たさを伝えにくいということになります。

 

 

針葉樹の中でも一番柔らかい木が杉です。

なので杉の床は一番傷がつきやすい反面、一番暖かく、気持ちよい床。

ということですね!

 

 

なので・・・

気持ちよさ優先の方には杉の床は大人気なんです!!

 

 

この気持ちよさ。

言葉では説明できない自然な感覚。

是非、弊社にてご体感ください。

 

 

 

 

なんば

記事一覧

1ページ (全12ページ中)

ページトップへ