スタッフブログ

森 勝也 自己紹介へ

浮造り(うづくり)

2021/09/11(土) すべて

素足で過ごしたくなる床

皆さんは浮造り(うづくり)と言う言葉をお聞きになった事はあるでしょうか?

お寺や神社、年数の経った建物の濡れ縁や縁側、玄関などで

長年に渡り雨が当たったり、人の出入りが多く踏み固められる場所で

床の木目が浮き出ていて凸凹になっている部分を「浮造り」と言います。

 

木目にはやわらかい「夏目」とかたい「冬目」があり、やわらかい「夏目」を

手作業もしくは機械で擦ると削られ、かたい「冬目」が浮き出てくるような加工となり

浮造りの凸凹が出来上がります。

本来であれば元の床から何十年と時間を掛けて浮造りへと変化していくのですが、

初めから浮造り加工された床もありますので、新築時から気持ちの良い床を味わうことができますよ!

 

 

 

現在、ナンバホームではこの浮造り加工された床を使用した新モデルハウスを建築中となりますので

完成しましたら是非実物を体感してみて下さい。とても気持ちが良いですよ!

 

 

記事一覧

1ページ (全95ページ中)

ページトップへ