ブログ

検証!「針葉樹vs広葉樹」木の床、徹底比較!!

難波 孝憲 自己紹介へ
2019/09/15(日) すべてすべて

本物の床ってどうなの?

過去に、このようなご質問にお答えするブログ記事を書いてきましたが・・・

今回は木の床を、検証に基づきながら良し悪しを解説します!

 

さて、木の床には大きく分けて”針葉樹”と”広葉樹”があります。

針葉樹は葉っぱが針のように尖っている、広葉樹は葉っぱが広がっている。

言葉の意味をそのままにすするとこのような説明が成り立ちます。

 

では・・・

針葉樹はどんな樹種なのか?

杉、桧、松が代表的です。

広葉樹はどんな材種なのか?

楓、桜、楢が代表的です。

 

針葉樹の代表選手を”桧”、広葉樹の代表選手を”楢”として・・・

いざ!検証!

 

 

左が桧の床材、右が楢の床材です。

縦30㎝、横12㎝、厚み1.5㎝、両者とも全く同じサンプルを用意しました。

 

では、クイズです。

どちらが重たくて、どちらが軽いか?

 

答えは・・・・・?

 

 

桧が228g

 

 

楢は411gです。

 

桧228gに対して楢は411g。

楢は桧の1.8倍の重さがあります。

これは何を意味するのか???

 

この両者の断面図を見ると・・・?

 

 

左が桧で右が楢。

更に両者をアップにしてみると???

 

 

こちらが桧。

 

 

こちらが楢。

 

桧より楢の方が木の目が詰まっている。

木の目が詰まっているとは、密度が高いことになります。

 

なので、密度が高い楢(広葉樹)の方が、桧(針葉樹)に比べて重くなる訳です。

 

そして、密度が高いほうが固くなる。

なので、針葉樹より、広葉樹の方が固い。

故に、密度が低い、そして柔らかい針葉樹の方が傷がつきやすい。

また、針葉樹のほうが柔らかく、足にも優しい。

 

また、密度が高いと熱伝導率が高くなる。

なので、冬場の地面、基礎の冷たさを、密度が高い広葉樹の方が伝えやすい。

故に、広葉樹の方が冷たさを感じやすくなります。

 

これが、針葉樹と広葉樹の一長一短です。

(人によって感じ方が異なりますので、実際に体感して確認をしてください)

 

どちらが良いかも人それぞれ。答えは貴方さま自身の中にあります。

でも、そのアドバイス、ご提案は私たちの役割ですので是非ご相談下さいね!!

以上、検証!「針葉樹vs広葉樹」木の床、徹底比較!!でした。

 

なんば

 

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ