ブログ

地震対策には何が良いの・・・?

森 勝也 自己紹介へ
2019/12/17(火) すべて

家づくりの際の地震対策には何が良いのか・・・

私たちの住む東海地方では、以前より大規模な地震「南海トラフ地震」が

起こると言われて現在に至っています。

家づくりを行う際にどのような地震対策を行えば良いのか?

安心して暮らすための地震対策は大きく分けて3パターンの工法がありますので以下でご紹介します。

 

【耐震】地震の揺れに耐える

建物の構造材を太くしたり、数を多くしたりして揺れに耐える構造で

よく一般的に採用されている工法です。

 

【制震】地震の揺れを吸収する

建物内部にオモリやダンパーなどの「制震部材」を組み込み、地震の揺れを吸収する構造です。

何回もの揺れに対応できるのがメリットです。

 

【免震】地震の揺れを受け流す

建物と基礎との間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えない構造です。

何回もの揺れに対応できるのがメリットです。

 

また、以上の工法を併用することも可能で、【耐震+制震】もしくは【耐震+免震】は併用が可能です。

ナンバホームでは【耐震+制震】の併用工法をおススメしています!

 

 

尾張旭オープンスタジオではオイルダンパーの制振装置を展示していますので

実際に見て・触れて確認して頂く事も可能ですのでご相談ください。

 

 

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ